塗装串間市の塗装「アイエイ塗装」|シリコン塗装による外壁塗装・屋根塗装・屋上防水工事。

塗装の知識

塗装の知識

塗り替え時期 いつごろ塗り替えたらいいの?

これらの症状が発生していましたら早急な対策が必要です
人間の体と一緒で、早めの対策を行えば作業も限られてきますので安く仕上げることができますが、遅めの対策になりますとたくさんの作業が必要になる上、既に破損箇所が現れたりと取り返しの付かない可能性もあります。下記の症状が危険サインですので、症状が見られましたらすぐご連絡下さい。

画像の説明
画像の説明

外壁や屋根・屋上の材質や使用している塗料によって年数が異なります。ウレタン塗膜だと3~5年、シリコン塗膜ですと11~13年、既存の住宅ではあまり見られませんがフッ素塗膜ですと17~20年と言われています。耐久年数に差が生じるのは、家が建っている環境に左右されるためです。例えば、日当り良好な住宅ではそれだけ紫外線を多く浴びますので過酷な条件になりますし、隣にマンションやアパートなどが建っているなど、日照時間が短い場合では、長持ちするケースもあれば、コケや藻が生えやすくなるケースもあります。海が近いと、潮風により塗膜の劣化が早くなる場合もあります。外的要因が住環境によって大きく異なるため、確実に「何年」というお話が難しいと思います。その場合は半年から1年毎に、お住まいの外壁を触ったり目で確かめたりして、上記の写真のような不具合がないかどうかを確認されるとよいでしょう。

塗装の必要性 雨漏りの原理と危険性について




画像の説明

雨漏りの3原則は、

  • 水があること
  • すき間があること
  • 水を押し込む圧力があること
    です。これが全部揃うと雨漏りが発生しますが、屋根はもちろん、外壁でもこの条件を満たせば雨漏りをします。すなわち、
  • 水があること →
    外壁にも雨が当たり、水がある。
  • すき間があること →
    外壁コンクリートにもひび割れがあり、すき間が生じる。
  • 水を押し込む圧力があること →
    外壁には風圧力、毛細管圧が加わる。
    これらの条件は、比較的容易に起こりうるということです。

コンクリートは、圧縮に強く引っ張りに弱い物質とされています。仮に長さ10mのコンクリートは、硬化収縮によって約6~8mm縮むとされています。外壁は柱と梁で拘束されていますので、この状態でコンクリートが収縮すると、コンクリートに伸び性能がないため、収縮分が「ひび割れ」となって現れます。一般的に、ひび割れは目地部分に集中させるように設計しますが、思うように集中できずに外壁そのものにひび割れが生じることも多々あります。
雨漏りは、ひび割れ幅が0.04mmで発生すると言われており、0.2mm以上では100%漏水します。また、台風などの強風下の雨では外壁からの雨漏りが激しくなります。

ひび割れを放置すれば、年月と共に大きくなっていき、雨漏りの原因となります。雨漏りが拡大すると、建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下してしまいます。鉄筋・鉄骨部分に水分が染み込めば錆の原因となり、腐食が進めば建物の寿命も短くなってしまいます。

塗料の比較

  • アクリル塗料
    【長所】 比較的、色の種類が豊富です。塗料の中では安価な部類です。
    【短所】 比較的汚れやすく、他の塗料より耐久年数が短いです。
  • ウレタン塗料
    【長所】 コストパフォーマンスに優れ、バランスの取れた性能を持っています。
    【短所】 アクリルより若干耐久力がある程度で、比較的耐久年数は短い部類です。
  • シリコン塗料
    【長所】 汚れ・色落ちに強く、発色性能が良いため見栄えがとてもよく、多くの塗装業者がお勧めしているようです。
    【短所】 コストパフォーマンスは良いですが若干高価です。
  • フッ素樹脂塗料
    【長所】 あらゆる性質が他の塗料より格段に優れています。耐久年数も長いです。
    【短所】 材料が割高です。

    画像の説明

弊社では、コストパフォーマンスの高いシリコン塗料
中心にご提案させていただいております。

また、お客様のご予算に合わせて塗料の選定・ご提案をさせていただいております。
建物の材質、性能、腐食程度などをチェックした上で、最適な塗料を選定しております。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional